読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

さいとうちほ先生の「とりかえ・ばや」が面白くてまとめ買い!今なら1〜3巻無料で読めます

とりかえ・ばや(10) (フラワーコミックスα)

 

最近、マンガは電子書籍を購入することが多くなりました。

 

本当は本で読む方が好きなのですが、やはりスペース的な問題がかなり大きいので、本で購入していて今も連載中のものを除き、電子書籍で購入してしまいます。

 

電子書籍も今ならKindleで読むのが便利なAmazonで購入されるかたが一番多いのではないかと思いますが、さぴこの場合、Kindleでも購入したものもありますが、Sony Reader Storeで購入し続けている連載ものも多く、やっぱり実物の本の方がよかったなぁと後悔することも・・・。

 

ずっとVaioユーザーだったこともあって、アカウントの面からも当時はSonyの電子書籍の方が便利だったんです。

 

今なら絶対Kindleなんだけどなぁ。

 

以前なら吟味して購入することも多かった本ですが、電子書籍で簡単に買えるようになってからは読みたいと思うとすぐにまとめ買いしてしまうことも多くなりました。

 

 と、前置きが長くなりましたけど今回はさいとうちほ先生の「とりかえ・ばや」が期間限定で無料で読むことができ、その結果全巻大人買いしちゃったよ、という話です。

 

 

 

さいとうちほ先生といえば「少女革命ウテナ」を思い出す

 

少女革命ウテナ(1) (フラワーコミックス)

 

「少女革命ウテナ」、懐かしい!

 

アニメの放映開始が1997年なので、来年でもう20年ですか。

 

20年前がついこの前のことのように感じるなんて、歳を取るって怖いなぁ。

 

この「少女革命ウテナ」、コミックスは全巻持っていましたが、これまでに行われた何度かの断捨離により今は残念ながら手元にはありません。

 

連載されていた雑誌(ちゃお)から考えても子供向けのはずが、全然内容が子供向けじゃない感じでした。

 

アニメ版はこちらですね。

 

さぴこは残念ながら見たことがないのですけど。

 

 そんなさいとうちほ先生が現在絶賛連載中の漫画が「とりかえ・ばや」です。

 

「とりかえ・ばや」は「とりかえばや物語」の漫画作品

 

とりかへばや物語  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)

 

平安後期に書かれた作者不詳の物語で、「とりかえばや」は「とりかえたいなあ」という意味なのだそうです。

 

何を取りかえたいかというとなんと「男」と「女」。

 

見た目がそっくりな姉弟が入れ替わったことから、予想できないいろいろな事が起こるという物語です。

 

さぴこは氷室冴子さんのざ・ちぇんじ!が「とりかえばや物語」を知ったきっかけでした。

 

ざ・ちえんじ 前編―新釈とりかえばや物語 (1) (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-J)

ざ・ちえんじ 前編―新釈とりかえばや物語 (1) (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-J)

 

 

 こちらを原作にして山内直美さんが漫画を書いている作品があり、こちらは今も手元に残っています。

 

ざ・ちぇんじ! 1 (白泉社文庫)

ざ・ちぇんじ! 1 (白泉社文庫)

 

 

こちらの「ざ・ちぇんじ」、少女向けということで生々しい表現はありません。

 

今回ご紹介する「とりかえ・ばや」は「ざ・ちぇんじ」と比べると少しお姉さん向けかもしれないです。

 

「とりかえ・ばや」登場人物紹介(画像は公式サイトより)

 

f:id:sapic:20161213201407j:plain

沙羅双樹
睡蓮の姉。14歳で男性として元服し、睡蓮の本名「藤原月光」を名乗る。

 

f:id:sapic:20161213201440j:plain

睡蓮
沙羅双樹の弟。女として裳着の儀を行い、沙羅双樹の本名「涼子」を名乗る。

 

f:id:sapic:20161213201455j:plain

 石蕗(つわぶき)
帝の従兄弟。沙羅双樹の同僚であり友人でもあるけれど…。

 

f:id:sapic:20161213201512j:plain


朱雀院の弟で2巻で帝となった。10巻では沙羅との関係が…。

 

この4人の他にも魅力的な登場人物がたくさんでてくるのです。

 

もう目が離せない!

 

「とりかえ・ばや」なんと今なら無料で3巻丸ごと読める

 

 「とりかえ・ばや」はAmazonのKindleでなんと12月15日14:59:59までは無料で読むことができるのです。

 

とりかえ・ばや(1)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

とりかえ・ばや(1)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

 
とりかえ・ばや(2)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

とりかえ・ばや(2)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

 
とりかえ・ばや(3)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

とりかえ・ばや(3)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)

 

 

 無料ですから、KindleやKindleのアプリをお持ちの方はぜひ一度ご覧になってみてください。

 

 とりかえ・ばやの1巻に記載されている紹介文を引用します。

 

男らしい姫君と女らしい若君
それならいっそとりかえてしまいませう―――

ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート!
“男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。

男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!? 

 

この「とりかえ・ばや」の最新刊はこちらです。

 

とりかえ・ばや(10) (フラワーコミックスα)

とりかえ・ばや(10) (フラワーコミックスα)

 

 

さぴこは3巻目を読み終わった後にすぐに続きが読みたくなったので、まとめ買いで購入しちゃいましたけど。

 

 

 ストーリーはわかっていても読みたくなってしまう、そんな「とりかえ・ばや」!

 

無料期間のうちにぜひご覧ください!

 

というわけで久々の漫画ネタでした。