みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

珍味むしりこまいにハマっています

 

「こまい」、と聞いてすぐお魚を思い浮かべる方は間違いなく北海道に住んでいるか来たことのある方でしょう。

 

人によっては「カンカイ(寒海)」といった方が馴染みがあるかもしれませんね。

 

このこまい、漢字では氷下魚と書き、氷の下の魚という名にふさわしく、旬が12月下旬から2月下旬の、寒い時期の魚なのです。

 

といってもこのこまい、生の状態ではほとんど流通していません。

 

このこまいを干して、珍味となってからしかほとんどみることがないのです。

 

こまいを食べるのはめんどくさい

 

このこまい、その昔は1匹ものでそのまま干物のしたものが主流でしたが、これが非常に食べにくいものでした。

 

とにかく硬い!

 

皮と身を剥ぐのも一苦労で、しかも骨が指に刺さるのですよ。

 

なので昔は金槌でよく叩いて柔らかくしてからストーブの上で少し炙って、それに一味マヨネーズや醤油マヨネーズをつけて食べることが多かったです。

 

こちらは一夜干しのこまい。

 

炙るだけ3分こまい (氷下魚・かんかい) 500g前後

 

一夜干しは柔らかいのでこんな風に炙って食べると最高です。

 

炙るだけ3分こまい (氷下魚・かんかい) 500g前後
 

 

でも一夜干しはなかなか手に入らず、ほとんどがガチガチに硬くなったものばかりでしたけどね。

 

子供の頃、よく父が新聞を広げてその上で食べやすくしたのを少しづつもらって食べていたんです。

 

懐かしい。

 

 

 

むしりこまい発見

 

 

スーパーの珍味売り場でむしりこまいを発見!

 

おお!これは懐かしいと思い、購入したのが昨年の12月。

 

なんといってもすでに食べやすくむしってあるのがいい!

 

このこまいの珍味、味はちょっとタラに似ているのですが、ちょっとクセのある匂いがこれまたクセになります。

 

日本酒だけじゃなくビールにも合うのですよ。

 

はぁ、また食べたくなっちゃう。

 

Amazonでもむしりこまいを発見しました。

 

 

むしりこまいは手軽に楽しめるというメリットばかりのように思われますが、ひとつだけマイナス面もあります。

 

それはあっという間になくなってしまうということ。

 

食べやすいのでどんどん食べていたらすぐになくなってしまうのです。

 

しかもむしってある分、内容量も少ないのですよね。

 

うーーー。

 

たくさん食べたい。

 

スーパー、コンビニで手軽に購入可能

 

このこまいの珍味は札幌市内ではどこでも簡単に手に入ります。

 

スーパーやコンビニの珍味売り場にいけばほぼ見つかるでしょう。

 

でもこれって多分北海道だからですよね。

 

北海道以外ではおそらく見つけられないかもしれません。

 

ご当地珍味、ともいえるかも!

 

この冬は4袋くらい食べちゃいました。

 

同じこまいでも商品によって味が結構違うということに気がつきましたので、気になる方は食べ比べをしてみても楽しいですよ。

 

おわりに

 

ご当地珍味といえばこちらも大好きな「鮭とば」。

 

【送料込】 鮭とば 500g 北海道産 ゆうパケット(メール便)発送

 

最近鮭の不漁続きでかなり値上がりしていますが、この鮭とばも絶品ですね。

 

鮭とば イチロー 150g

鮭とば イチロー 150g

 

 

鮭とば イチローも美味しいです。

 

日本全国のご当地珍味の食べ歩きとかしてみたいなあと思うさぴこなのでした。

 

それでは!!