みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ガスター10やガストール等の市販薬、年末や週末に起こった胃痛の救世主になる?

 

年末年始になると飲み会等が増え、胃薬のお世話になる方もいらっしゃいますよね。

 

さぴこは胃があまり丈夫ではなく、昔から病院からいただく処方薬や市販薬では最近まではガスター10のお世話になることが多くありました。

 

数年前ピロリ菌の除菌をしてからは少し落ち着いていたような気もするのですが、年齢的な問題もあるのか、だんだんと飲み過ぎ食べ過ぎはできなくなってきています。

 

今回も金曜の夕方から胃の調子がおかしいことに気がつきましたが、土日は病院がお休み、しかも病院にいくとまた胃カメラの可能性もあると思いましたので、念のため市販薬を購入しに近所のドラッグストアへ行きました。

 

 

 

ガスター10は第1類医薬品

 

昔から、「あ、これはちょっと胃酸が出過ぎてヤバいかも」というときは太田胃酸等を飲むのですが、このたびはむかつきや痛み等、過去の経験から考えてガスター10の出番だな、という感じだったのです。

 

ガスター10は第1類医薬品ですので、薬剤師の対面販売ができる薬局でなければ購入できません。

 

ガスター10に限らずH2ブロッカー胃腸薬は第一類に分類され、市販薬であっても購入できる場所がかなり限られてしまいます。

 

今回は我が家から一番近くのドラッグストアに来たのですが、第1類医薬品がまとめられている場所がなく、薬剤師が不在のため、登録販売者が販売できる第2類医薬品までしか販売していませんでした。

 

うーん。どうしよう。

 

他の薬局に行こうか、と悩んでいたときに見つけたのがこの「ガストール」でした。

 

【第2類医薬品】ガストール細粒 20包

【第2類医薬品】ガストール細粒 20包

 

 

第2類なので購入できるお店が多いガストールを購入

 

基本的に市販薬は病院が閉まっているからとりあえず購入する人が多いと思うのですが、せっかく薬局に行っても購入できないとかなりガッカリします。

 

ガストールは先のリンクにもあるようにAmazonでも購入が可能なほど!

 

ガスター10よりは効かないんだろうなぁと思いつつも、とりあえず月曜朝までに症状が改善しなければ病院に行こうと決めていたので、週末をどのくらい乗り切れるかということで「ガストール細粒」を購入しました。

 

 

ガスター10はH2ブロッカーですが、ガストールはM1ブロッカーが配合されているそう。

 

どうなんだろう。

 

効いてほしいな、ということで試してみました。

 

 

ガストールには細粒と錠剤がありますが、基本胃薬は細粒派です。

 

なんとなく細粒の方が効き目が早いような気がするのですが、ただの気のせいかもしれません。

 

 

1日3回毎食後に服用です。

 

1箱10包なので、週末を乗り切るにはちょうどいいですね。

 

念のため同梱の説明書も見てみます。

 

 

書かれている作用を見ても今回飲んでも大丈夫そうです。

 

というわけで金曜の夜から服用してみました。

 

ガストール、さぴこの症状には効きました

 

胃液の出過ぎで胃が痛くなり、胸焼けも起きていましたが、金曜の夜から飲みはじめて土曜日のお昼にはかなり回復。

 

といっても対処療法に過ぎませんので、胃に優しいものを少しづつ食べて、胃を休ませつつ服用していました。

 

とりあえず痛みに関しては全くなくなりましたが、また胃の痛みがくるのではと恐ろしいので、しばらくは様子を見ることにします。

 

これなら月曜日は病院に行かなくても大丈夫そうです。

 

油断はできませんけど。

 

今の時期の内科はインフル等が多く、症状がたいしたことなければ家で治したいところです。

 

今回はガストールが効いてくれたのだと思いますが、胃は症状によってお薬が大きく変わりますから、市販薬で改善しない場合もたくさんあります。

 

一番辛かったのは深夜に急性胃腸炎から胃けいれんになった時。

 

その時も普通の胃痛かなとガスター10を飲んでしばらく我慢していたのですが、結局夜間急病センターへいくこととなりました

 

血圧も下がるくらいの痛みと顔から冷や汗が出まくり で、ダンナに支えられながら待合室に行ったのを今でも鮮明に覚えています。

 

なので、心配になったら市販薬よりはまず病院!ですよ。

 

でも救急病院へ行くまででもないと言う場合は、ガスター10やガストール等のお薬は強い味方になってくれると思います。

 

 

 

これまでさぴこが飲んだことのある胃薬を整理してみた

 

これまでいろいろな胃薬のお世話になっているさぴこですが、これまで飲んだことのある胃薬を、覚えている範囲で市販薬と処方薬に分けて書き出してみようかと思います。

 

市販薬

 

・ガスター10

胃酸の過剰な分泌を抑えてくれる強い味方

胃酸が出過ぎた時の胃痛にはかなり効きます

 

・ガストール

今回初めて服用しました

胃液が出過ぎで胸焼けがした時に飲みましたが効きました

 

・太田胃酸

総合的な胃腸薬としては万能選手

軽い飲み過ぎ食べ過ぎ対策用

 

・サクロンS

胃酸の分泌を抑えるのではなく中和してくれるお薬 

昔はかなりお世話になりました

 

・セルベール

胃の粘膜を保護して修復くれるタイプ

空腹時の痛む時に飲みました

 

・ブスコパンA錠

胃の差し込むような痛みの時、頓服的に利用します

そういえば最近は飲んでいません

 

 処方薬(ジェネリック含)

 

・ムコスタ(レバミピド)

鎮痛剤と一緒に処方されることが多いです

胃の粘膜を守ってくれるお薬

 

・ガスター(ファモチジン)

胃液を抑えてくれる強い味方

市販薬より内容量の多い20mgを飲んでいたことも

 

・オメプラール(オメプラゾール)

ピロリ菌除菌の時に飲みました

胃酸を抑えてくれるらしいです

 

・セルベックス

胃炎の時に処方されました

 

 

ここまでがさぴこの飲んだことのある胃薬です。

 

それにしても太田漢方胃腸薬以外の名称は戦隊ものの敵の名前みたい。

 

胃薬戦隊ストマクジャーって感じ?

 

あ、これじゃあ敵の名前がお薬名だとおかしいですね・・・。

 

それにしても、数年前にピロリ菌の除菌をするまでは本当に胃薬のお世話になることが多かったのですが、最近はあまり気にすることがないくらい胃の調子がよかったので、すっかり油断してしまいました。

 

40歳を超えたくらいから胃の衰えをひしひしと感じています。

 

年末は胃炎になる方も増える時期

 

急に病院へ行く時間を作ることができない時や病院が開いていない時間帯でも、市販薬を上手につかえば乗り切れるでしょう。

 

症状が軽ければそのまま改善することももちろんありますね。

 

この時期はどうしても胃腸が疲れるようなことが多くありますから、お守り代わりに総合胃腸薬を持っておくのもよいかもしれません。

 

でも慢性的に胃炎が発生している方は病院へ行かれることをお勧めします、いえ、絶対に行ってください!!

 

さぴこも数回胃カメラのお世話になりましたが、最近は最初に飲んだ20年以上前と比べてカメラの太さがずいぶん細くなっていますので。

 

そしてピロリ菌がある方は除菌するだけで慢性的な胃の不調からかなり改善できるかも。

 

そのままだと胃がんの原因にもなってしまいますから。

 

美味しいものをいっぱい楽しむためにも、胃と腸をたいせつに!ですね。

 

そういえば昔、太田胃酸をカレーにかけて食べると美味しいと言っていた人がいました。

 

【第2類医薬品】太田胃散 210g

【第2類医薬品】太田胃散 210g

 

 

さぴこは怖くて試せていませんが、その方は分包を財布に入れて持ち歩いていたので、おそらく外出先のカレー店でも使用していたのではないかと。

 

試したことのある方、いらっしゃいますかね。

 

一応お薬なので、どうなのかと思いますけど。

 

まとめ

 

胃腸の調子が悪いと美味しいものも食べられないし本当に最悪です。

 

胃はガストールで落ち着いてきたのですが、今度は腸の調子があまりよくありません。

 

今度はビオフェルミンを追加しました。

 

ここ数日、うどんとおじやの生活を続けているのですが、早く美味しい物が食べたいです。

 

明日は少しパンチのあるものを食べてみようかな。

 

急に寒くなりましたので、皆さんも体調管理にご注意くださいね。