読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

「クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX」で子供と一緒にアクセサリーを作りました

 

以前子供の誕生日プレゼントに探していた「はじめてのクレアジュエリーナ」が売っていなくて困ったという話をブログに書きました。

 

sapic.hatenablog.com

 

結局は「はじめてのクレアジュエリーナ」ではなく、発売予定だった「クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX」を予約したのです。

 

この時は子供の誕生日に間に合うかどうかわからないので、クリスマスプレゼントにするつもりだったのですが、到着が間に合ったのでダンナの両親からの誕生日プレゼントとして子供にプレゼントするということになりました。

 

そして誕生日からしばらくはそのまま部屋に置かれていたのですが、先日の大雪の日に子供と一緒に作ってみることに!

 

というのも本来は太陽光をあてて作るもののため、日が短い北海道では現在制作するのが非常に難しい状況だったのです。

 

この日はちょっとした秘密兵器を使うことにしました。

 

 

 

水溶性UVレジンを使用したジュエリー作り

 

 

このクレアジュエリーナ、水溶性レジンをソフトモールドに流し込み、太陽光に当てて硬化させるというものです。

 

内容物についてはパッケージの裏側に写真入りで記載されています。

 

 

箱が大きいのはパーツの数が多いからではなく、作ったものを飾って収納できるというドレッサーがついているからなのでした。

 

こういうの、女の子は好きですよね〜。

 

というわけで実際に使用するパーツやUVレジンである「クレアドロップ」等、制作に必要なものだけを集めるとそれほどの場所をとるような物ではありません。

 

 

アレンジ例としての写真を見て、かなりハイテンションになっているうちの子供。

 

こういうキラキラしたものが大好きなんですけど、まるでカラスかっという感じ。

 

「クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX」開封の儀

 

では「みんなたのしくすごせたら」恒例の開封の儀、いきますよ!

 

パッケージ写真は上で既に掲載しましたので省略しちゃいます。

 

子供も待っているのでいつもよりも手短に!

 

 

こちらがパッケージのなか身です。

 

右下には2本、クレアドロップが収納されています。

 

左側の紫色の物体はドレッサーで、箱の3分の2はドレッサーがしめているという感じですね。

 

 

こちらがクレアジュエリーナ専用液の「クレアドロップ」です。

 

通常手芸店等で販売されているUVレジン液とまったく同じ形状をしています。

 

では箱から出してみることにしましょう。

 

 

こちらはドレッサー以外のパーツと専用液のクレアドロップです。

 

ソフトモールドはこの商品の特徴である3Dジュエリーを作れるようになっています。

 

希望としてはもう少しでデコパーツがたくさん入っていてくれるとうれしかったのですけど、ちょっと少なめな印象。

 

今は100円ショップ等でいろいろとUVレジン用のパーツが販売されていますので、そちらで調達した方がよさそうです。

 

 

こちらがドレッサー。

 

親の視点ではドレッサーよりもパーツ収納もできるようなジュエリーボックスの方がよかったんじゃないのと思いましたが、子供的にはこのドレッサーがとても気になっていたよう。

 

 

というわけでこんな感じに組み立てていました。

 

子供でもあっという間に完成させることができましたよ。

 

お次はこのドレッサーに飾れるようなアクセサリーを作らないといけません。

 

 

クレアドロップの先端はハサミで切って使うようになっています。

 

上のくぼんでいるところにハサミをいれるときれいに取れました。

 

 

まずは難易度が低そうは3Dではないモールドにクレアドロップを流し入れてみます。

 

汚れ防止にスーパーでもらった妖怪ウォッチのランチョンマットを使用中。

 

 

クレアドロップの充填が終わったらデコパーツとラメを入れてみます。

 

子供が爪楊枝を使って入れていました。

 

 

これが秘密兵器のUVライトです。

 

イオンのパンドラハウスで以前購入したUVレジンセットに同梱されていたもの。

 

これを使えば曇りの日や吹雪の日でも作ることが可能です。

 

ただしクレアジュエリーナの説明書には必ず太陽光でと書かれていますので、ここから先は自己責任で、ということになります。

 

夕方の4時にはもう日が落ちてしまう北海道。

 

しかも吹雪くと太陽もでてきませんし、あまり温度が低いと太陽光をあてても硬化しないことがあるとも書かれています。

 

というわけで北海道の場合、冬の間はUVライトがないと制作が難しいかもしれないです。

 

このハートのモールドを利用した場合、さぴこの家のUVライトでは8分くらいの照射で硬化完了でした。

 

 

こちらが完成したものです。

 

 

その他にもこんなパーツ用のモールドも。

 

これだと6分くらいの照射でもいいかなという感じ。

 

 

 

3DのモールドはUVライトの照射時間が難しい

 

こちら付属の3Dのモールドです。

 

照射時間が長くなってしまい、少し黄色になってしまいました。

 

 

外側が硬化しても中が完全に硬化するのに時間がかかるので、何度か様子をみながら試してみました。

 

そして硬化後モールドから取り出すのもちょっとしたコツがいるので、低学年の子だとちょっと難しいかもしれません。

 

 

3Dのモールドはいろんな形があるのですが、それぞれで硬化時間が違うので、一度に作らない方がいいです。

 

硬化時間は平らなものよりかなりかかります。

 

ただしUVライトをあてすぎると変色してしまうので、もしかしたら太陽光の方が上手にできるのかもしれません。

 

 

とりあえずこちらが最初の1つめ!

 

このタイプなら比較的すぐに硬化するので作りやすかったです。

 

 

こちらが3Dモールドを使ったペンダント。

 

なんとか変色せずに硬化させることができました。

 

このペンダントは子供のお気に入りで、今度のお出かけに付けていくと楽しみにしています。

 

次は指輪を作ると楽しみにしていますよ。

 

まとめ

 

さぴこは小さい頃からあまりアクセサリーには興味がなく、どちらかというとカメラや文房具やパソコンといったものの方が好きなタイプなのですが、子供はやはりこういうキラキラアクセサリーは大好きみたいです。

 

同梱のクレアドロップをつかえば結構な数のアクセサリーを作ることもできますし、できばえは通常のUVレジンと比べても遜色がありません。

 

水溶性レジンということもあり嫌な匂いもありませんし、手についても水で洗えば簡単に落ちるので、子供に作らせても安心できるところがとってもいいです。

 

小学生女子ならきっと気に入るはず!

 

ただし低学年の子なら親の出番は結構でてきますけどね。

 

あとドレッサーと3Dモールドがいらないなぁという人には、専用液だけ購入してUVレジン用のモールドやパーツ等を使わせるということもできるかも。

 

クレアジュエリーナ クレアジュエリーナ専用液 クレアドロップ

クレアジュエリーナ クレアジュエリーナ専用液 クレアドロップ

 

 

ただプレゼントとして考えるとあのパッケージを見るだけで子供はウキウキするみたいですので、 「クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX」をおすすめします。

 

もしお子様のクリスマスプレゼントに検討されているかたがいらっしゃいましたら、参考にしていただけたらうれしいです。

 

クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX

クレアジュエリーナ 3DジュエリーDX

 

 

今日の札幌情報

 

今日の札幌は雪まみれで大渋滞。

 

夏なら10分かからないくらいの場所に車で行こうとしたら30分以上もかかってしまいました。

 

往復で1時間半近く・・・。

 

というわけで今日は時間がないっ!

 

札幌市内にお住まいの皆さん、時間に余裕を持って行動しましょうね。