みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

子供の誕生日、ココスでデザートと記念写真とドラえもんグッズをいただきました

 

先日子供が8歳になりました。

 

誕生日パーティーはダンナが家にいるタイミングを選んだので少し遅くなった今日、家族みんなですることに。

 

最初はプレゼントだけは誕生日に渡すと言っていたのですが、子供がパーティーの日に欲しいということで、遅ればせながら今日渡すことになりました。

 

そのかわりといってはなんですが、誕生日当日は子供と一緒にスーパーに行って、子供のお菓子コーナーにある小さめのお買い物かごに入るだけ好きなお菓子を買っていいよと言ったら、喜んで食玩系などのお菓子をカゴに入れてご満悦!

 

誕生日パーティーは夜に、ということで今日のお昼はココスに行って、包み焼きハンバーグを食べてきましたよ。

 

 

 

ココスには誕生日のお祝いができるサービスがあります

 

ココスでは追加料金無しで楽しめる、とっても素敵なバースデーサービスがあるのです。

 

バースデーサービス実施中!お客様のお誕生日をステキなサービスで楽しくお祝いいたします♪


【1】記念写真のプレゼント!
【2】デザートのプレゼント!
【3】ココスオリジナルドラえもんグッズのプレゼント!


  ※ドラえもんグッズのプレゼントは小学生以下のおこさまへのサービスとなります。

係の者までお気軽にお申し付けください。

※朝食時間帯は実施しておりません。
※一部店舗では実施しておりません。予めご了承ください。

https://www.cocos-jpn.co.jp/campaign/より引用

 

 

 

数年前まではプレゼント以外は大人もOKだったはずですが、今はバースデーサービス自体が小学生以下に限定されているみたいですね。

 

***2017.4.21 追記***

 

バースデーサービスは大人でも大丈夫でした。

詳細は下記の記事にて!

sapic.hatenablog.com

 

***追記 ここまで***

 

ではどんなサービスなのか詳細をご説明します。

 

その1 デザートのプレゼント

 

今日はアイスクリームとチーズケーキ、チョコレートケーキの中から1品選ぶことができました。

 

うちの子供はアイスクリームをチョイス。

 

そして写真を取る前にぱくぱくと食べはじめてしまったので残念ながら画像がないのですが、バニラアイスクリームダブルに星の形のチョコレートが飾り付けされていました。

 

そしてこのデザートが運ばれてくる少し前から、店内には「ハッピーバースデー」の曲が流れはじめます。

 

前は店員さんがみんなで「誕生日おめでとうございます!」という声をかけてくれたのですが、これは今はないみたいですね。

 

でもデザートを運んでくれた方がたくさん祝福してくれました。

 

子供はちょっと照れていたようです。

 

その2 ドラえもんの台紙付き記念写真のプレゼント

 

さらにみんなで一緒に記念写真を撮影してもらうことができ、食事が終わる前までにプリントアウトしたものをプレゼントしてくれます。

 

 

こちらが写真台紙の表です。

 

 

この中に家族みんなで撮ってもらった日付入りの写真が、上部に差し込まれてた状態でプレゼントしてくれます。

 

上の写真では写真が裏返しにしてありますけどね。

 

以前子供の誕生日にきた時の記念写真も取ってあるのですが、とってもいい記念になりますよ。

 

今回は子供が何度も変顔をしてしまい、お忙しいときに3回も撮り直してくださいました。

 

感謝です!

 

その3 ココスオリジナルドラえもんグッズのプレゼント

 

 

こちらはドラえもんのハンカチ。

 

ココスといえばやっぱりドラえもんですよね。

 

そういえば前の時も違う柄のハンカチをいただいたような記憶が。

 

早速お洗濯をして、学校に持っていく用のハンカチコーナーに入れておくことにします。

 

ココスさん、どうもありがとう。

 

 

 

ココスのバースデーサービスを利用するには

 

ココスのバースデーサービス、特にお誕生日を証明するようなものを提示する必要等はありません。

 

注文時に自己申告をするだけです。

 

なのでお誕生日当日でなくてももちろん大丈夫ですし、予約も必要ありません。

 

我が家では誕生日から1週間以内くらいに行くことが多いですが、誕生日月という考え方でもいいようですよ。

 

小学生以下のお子様がいらっしゃる全国のお父さんお母さん、ココスのバースデーサービス、おすすめです!

 

 

子供が食べた包み焼きハンバーグ。

 

去年まではお子様セットだったというのに、今年からは大人メニューです。

 

さすが8歳!

 

子供の誕生日は親としての自分の誕生日

 

8年前、子供が産まれた瞬間に、私は親になりました。

 

それまでは子供という立場であったはずの1人の人間が、子供の誕生で親という立場になったのです。

 

子供が産まれてからは自分の誕生日よりも、自分の親としての第二の誕生日とも言える子供の誕生日の方がずっとずっと感慨深いものがあります。

 

子供が産まれるまでのことを思い出し、子供が1歳になったとき、2歳になったときと、今年で8歳になるまでの成長を思い出す、貴重な日でもあるのです。

 

泣いてばかりだった小さな赤ちゃんは自分の足で歩き出し、今や大人と同じような生活を送るまでに成長しました。

 

来年は子供がどのくらい成長した姿を見ることができるのか、今からとても楽しみです。

 

こうやっていつまで一緒にパーティをすることができるのかな、なんて思いつつ、今日の夜はみんなで手巻き寿司を食べて、きのとやのケーキにロウソクをつけてお祝いしました。

 

プレゼントを開けて大喜びの子供の姿を見て、喜ぶことができるのも親の特権ですね。

 

さて、次はクリスマスパーティー&プレゼントのミッションがっ!

 

今日は夜のバースデーパーティー後にブログを書いたので、すっかり遅くなってしまいました。

 

あとかたづけもやっと終わったので、これから寝る準備をしたいと思います。

 

それでは、おやすみなさい。

 

2016.11.25 追記

 

今テレビのCMでココスのお誕生日のお知らせを見たのですが、大人でも大丈夫なようです。

 

「大人も、子供も」

 

という表記があったのを確認しました。

 

ただしグッズは小学生以下とのこと。

 

一部で実施していないお店もあるみたいなので、気になる方はお近くの店舗にお問い合わせいただくと確実かと思います。