みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

【映画】新作はなんと21年ぶりの劇場公開!「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ」を観てきました。

 

先日、子供と一緒に「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ」を観に行きました。

 

「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ 」11月19日(土)よりユナイテッド・シネマ&シネプレックスにて 独占記念上映!

 

この映画、上映している映画館はユナイテッドシネマとシネプレックスのみとかなり限られていて、上映期間はなんと3週間!

 

というのも今回は同作品のDVD発売記念としての限定上映なのだからだそうです。

 

トムとジェリーが大好きな子供が映画館に行ったときにチラシを見つけて、絶対に行きたいというので、一緒に観に行くと約束をしていました。

 

トムとジェリーシリーズの新作が劇場公開されたのは、1995年の「トムとジェリーの大冒険」以来、なんと21年ぶりのこと!

 

当時10歳くらいの子供だった人も今は31歳になってしまうほどの時の流れに、ただただ驚いてしまいますね。

 

それをいうと日本でトムとジェリーのアニメがテレビで初めて包装されたのが1964年とのことですから、私の産まれる前からトムとジェリーを観て育った子供達がいたということです。

 

今でも愛されるトムとジェリー、私の小学生の頃も夕方にいつもテレビ放送されていたことが懐かしくなります。

 

 

 

この映画はOVA「トムとジェリー オズの魔法使い」の続編

 

トムとジェリーが大好きな子供が映画館に行ったときにチラシを見つけて、絶対に行きたいというので、一緒に観に行くと約束をしていました。

 

でも事前に全く調べもせずに行ったため、この映画が続編であることを知らずに観に行ってしまい、映画の最初にダイジェストのようなものがあったにしても、行く前に前作を観てから行った方が楽しめたなぁ、と思いました。

 

なのでもしこれから映画を観に行かれる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、「トムとジェリー オズの魔法使」をご覧になってからにしたほうがよいですよ。

 

トムとジェリー オズの魔法使 [DVD]

トムとジェリー オズの魔法使 [DVD]

 

 

 これですね〜。

 

もちろん観ていなくてもちゃんとストーリーは理解できるのですけど、キャラクターへの思い入れなどが変わってくるような気がします。

 

続編と前後しちゃいますけど、後で家で観ることにしました。

 

トムとジェリーは主役ではない?

 

この映画はもともと「オズの魔法使い」がベースとなっているOVAの続編ですから、「オズの魔法使い」であるドロシーが主役といえるでしょう。

 

なのでいつもの「トムとジェリー」のドタバタだけではなく、「オズの魔法使い」の物語の中にトムとジェリーが出てきたら、というイメージの物語です。

 

かといってトムとジェリーが脇役かというとそうでもありません。

 

ドロシーと仲間達と一緒に冒険をするトムとジェリー、その世界観はちゃんと残しつつ、オズの魔法使いのその後の話が進められていきます。

 

ストーリー上では主役ではないものの、ストーリーの各所であのトムとジェリーのドタバタ劇を楽しめる、そんな映画でした。

 

映画館でみるトムとジェリー

 

子供にとっては大きな劇場のスクリーンにトムとジェリーが動き回っているだけでもう大感激の様子!

 

さぴこの行った映画館の鑑賞当日のお客さんは100%親子連れ。

 

小さな子が多かったのですが、みんな騒ぐこともせず、時折笑いながら映画を観ていました。

 

きっとお家でトムとジェリーのDVDを観ているのでしょうね。

 

我が家ではよく書店で販売されているトムとジェリーのDVDを数枚購入して、よく観ていました。

 

トムとジェリー DVD ボックス 新シリーズ4 1941年~1949年編 (<DVD>)

トムとジェリー DVD ボックス 新シリーズ4 1941年~1949年編 ()

 

 

 このDVD、オリジナルテレビ主題歌が入っているんです。

 

懐かしかった〜。

 

その他では今年の春マクドナルドで選べるDVDセットという、ハッピーセットとバリューセットを一緒に注文するともらえたDVDの「トムとジェリー アカデミー・コレクション」も!

 

懐かしいトムとジェリーを子供と一緒に楽しみました。

 

特別料金で家族で映画を楽しめる!

 

この「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ」は新作映画ですが、なんと特別料金で楽しむことができるのです。

 

当日料金で大人1000円(クラブスパイス/キッズクラブ料金 800円)、子供とシニアは700円(クラブスパイス/キッズクラブ料金 600円)とかなりお財布に優しい価格!

 

そしてトムとジェリー上映記念でこんなポップコーンも発売されています。

 

 

ジェリーの大好きなチーズポップコーン!

 

 

こちらはチーズポップコーンのMサイズ!

 

いつもはキャラメル味のポップコーンを必ず食べるうちの子供もこのチーズポップコーンを大絶賛!!

 

これ、定番にならないのかしら・・・。

 

 

 

映画のエンドロールにあった「Joe Alaskayに捧ぐ」

 

映画のエンドロールの最後に「Joe Alaskayに捧ぐ」という表示がありました。

 

ジョー・アラスカイはダフィー・ダック、キャスパーのスティンキーやバックスバニーでおなじみルーニー・テューンズ 二代目をされていた声優さんです。

 

この映画は吹き替え版の上映でしたので、彼の声を聞くことはありませんでしたが、この作品ではドルーピーとブッチ(スパイク)の声を演じていたようです。

 

Joe Alaskey - Wikipedia

 

今年の2月に亡くなっていたのですね。

 

日本でも最近有名アニメの声優さんが相次いでお亡くなりになっていますが、声優さんが変わってしまうことにより、アニメの世界観自体に違和感が出てしまうほどの影響力があります。

 

せっかくなので字幕版だったらなとも思いますが、子供と一緒に楽しむにはやはり吹き替えですよね。

 

DVD版も吹き替えのみなのかしら。

 

上映館のあるファクトリーはクリスマス一色

 

札幌市内で「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ」を上映しているユナイテッドシネマ札幌は、サッポロファクトリー内にあります。

 

この時期のサッポロファクトリーといえば、広尾サンタランドから送られた15メートルもあるトドマツの巨大クリスマスツリー!

 

イルミネーションは様々な色に変化し、音と光のショータイムもあります。

 

 

外は寒い札幌ですけど、ここは室内ですので暖かいです。

 

 

毎日午後4時から点灯されますので、クリスマスシーズンに札幌にいらっしゃる際には一度このツリーを見にいらっしゃいませんか?

 

この日は映画を観て、きれいなクリスマスツリーを見て、とても楽しい一日でした!

 

そしてこの記事はなんと200記事目!

 

次は300記事を目指します。