読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

【札幌】札幌市の中央図書館でアイスカフェラテを飲みながら~こどもといっしょ

 

子供と一緒に図書館によく行きます。

 

子供も私も図書館大好き!

 

図書館にいるとあっという間に時間が過ぎてしまい、お昼に来たはずが気がついたらもう夕方ということも。

 

札幌市中央図書館が大好き

 

札幌市で一番大きい図書館は中央図書館。

 

学習スペースが広くあったり、貸し出しはしていませんが雑誌も最新のものを閲覧できます。

 

その他にも電子書籍を見るスペースや、子供と一緒に靴を脱いでくつろぎながら本を読んだりできる広い場所もあるのです。

 

本当は市電に乗っていきたいのですが、いつも大量に借りてくるために持ち運びができず、車で行くことが多いかな。

 

市電だと駅名が中央図書館前なのでとてもわかりやすいです。

 

 

図書館内のカフェはとても落ち着く

 

図書館内のカフェ、元気カフェ「本の森」という障がいをお持ちの方が元気に働いていらっしゃる喫茶スペースです。

 

元気カフェ「本の森」/札幌市の図書館

 

本の森

食べログ本の森

 

室内はそれほどエアコンがきいていないので、うちわ完備!

 

 

一番上の写真はカフェラテ、お値段300円でお手頃価格ですがとってもおいしいです。

 

子供はソフトクリームを食べていましたが、バニラビーンズたっぷりのソフトクリームというよりはソフトなアイスクリームという感じ。

 

この日は窓際席が満席だったので写真が撮れなかったのですが、窓際席から見える藻岩山の景色がとっても素敵なんですよ。

 

テイクアウトできるスイーツも販売されていて、お気に入りの場所です。

 

図書館内には食堂もあり

 

この中央図書館にある食堂も結構リーズナブルなんですが、実はまだいったことがありません。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 中央図書館前駅電車事業所前駅石山通駅

 

今度はカフェじゃなくて食堂でご飯を食べてみようかな。

 

どんな感じのお店なのか、ちょっとだけ楽しみ。

 

札幌市の図書

 

札幌市の図書館はどこの図書館で借りた本でもどこの図書館でも返せるのでとっても便利です。

 

蔵書は少々古かったり、特定の図書館にしかなかったりということもありますが、インターネットで予約したり、既に借りている本の延長ができたりなど、数年でとても便利になりました。

 

家から近くの図書館は役所の中の図書室なのですが、こちらは主に返却に利用しています。

 

札幌市白石区にえほん図書館開館予定

 

贅沢を言えばもう少し地下鉄駅の近くに図書館があるといいな、と思っていたら、えほんの図書館ではありますが、東西線白石駅直結の白石複合庁舎にえほん図書館ができるとのこと。

 

えほん図書館準備情報/札幌市の図書館

 

約2万冊の絵本に囲まれた図書館、どんな感じなんだろう。

 

外国語の絵本や布絵本、科学絵本もある図書館になるとのこと。

 

とっても楽しみです。

 

今年の11月にオープンとのことですので、完成したら子供と行ってこようと思います。

 

図書館の近くに住みたい

 

 それにしても図書館の隣に住めたら、いえせめて図書館が徒歩3分以内の距離にあったらどんなにうれしいことでしょう。

 

図書館に通い放題で、本も借り放題ですね。

 

用事のない日は一日中図書館にいるかも。

 

中央図書館近くのお宅を見るたび、いつもそうおもってしまうのでした。

 

そろそろ夏休みも終わり

 

今年の夏休みは全力で子供と遊ぼうと思っていましたが、札幌の小学校は来週の月曜日が始業式です。

 

夏休みは残りわずかですが、昨日のていねプールですっかり疲れが出てしまい、子供は今日まで休みのダンナと一緒に妖怪ウォッチのゲーム、私は本を読んだりと家でのんびり過ごしています。

 

子供の成長は早いもので、遊びに出かけても親と一緒に遊ぶよりも行った先毎に同じ年頃の子を見つけては一緒に遊ぶようになりました。

 

なんだか少し寂しいような気持ちもありますが、親とばかり一緒にいても楽しくないですよね。

 

子供の成長と共に感じるのが、自分の老化。

 

身体の疲れ、やっぱり回復が遅くなったと実感します。

 

夜は秋のようにひんやりする風が吹くことも多くなったので、外にいると寒く感じる日も増えてきました。

 

北海道の夏は本当に短いです。

 

数年前は9月中旬くらいまで暑い日もありましたが、基本的にはお盆を過ぎると秋風のイメージ。

 

とはいえ、まだ日中は暑い日が続いているので、もう少しだけ残り少ない夏を楽しみたいものです。