読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ツルツル路面も安心!道産子がおすすめする滑りにくい冬靴

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-6864 S1 (スエードクロ/23.5)

 

ついに昨日札幌市街にも雪が積もりました。

 

お昼過ぎには路面の雪はなくなりましたが、10月にこれほどの雪が降ったのは30年ぶりなのだそうです。

 

さぴこも昨日はびっくりでした。

 

大急ぎで冬物を出し、冬靴も用意したのですが、雪国に住んでいると実は防寒具よりも氷の上でも滑りにくい冬靴の方が重要だったりします。

 

防寒具なら何枚か重ね着すればなんとかなりますし、基本的に建物の中は暖かいので、札幌ではあまり街中では真冬でも厚着をしている人は少ないのです。

 

ただ靴だけは、滑って転んで怪我をしないためにも、すこしでも滑りにくい靴を選びます。

 

そこで今日は道産子さぴこが選ぶ、滑りにくい、又は滑りにくいと思われる靴をご紹介してみようと思います。

 

まずは実際にはいたことのない紳士物から、いきますよ。

 

コロバンショソールを使用したリーガルシューズ

 

(リーガル)REGAL 38GR サイドゴアブーツ ショート丈 雪道対応ソール 26cm

 

 

リーガルの男性用サイドゴアブーツです。

 

こちらは一例なのですが、リーガルの雪道対応ソールはコロバンショソール」といってタイヤメーカーのブリヂストンと共同開発したというソールが使用されています。

 

2種類の異なるセラミックが配合された少し柔らかい素材になっているようで、通常のアスファルト等では摩耗が早いそうですが、その柔らかさのおかげで滑りにくくなっているようです。

 

うちのダンナはわりとどんな靴でも滑らないで歩けるようですが、これはなかなかいい感じだそうですよ。

 

滑らないのはいいのですがこのソールのネーミングセンス…。

 

「ころばんしょ」ってそのまま「転ばないでしょ」を意味する北海道弁だとおもうのですが、大丈夫でしょうか。

 

天下のリーガルさんだというのに!

 

その他ではアシックスのアイスウォークなんかも評判がいいですよ。

 

アシックスのアイスウォークはレディースもありますね。

 

 

 

子供にはスパイク付きのスノーブーツ

 

 うちの子供は女の子なのですが、昨年はこういうタイプの靴を購入しました。

 

[シュガー] Sugar 女の子 キッズ 子供靴 スノーブーツ ウィンターブーツ スニーカー スパイク付き 防寒 防水 雨 雪 靴 EE SG WJ041SP ブラック 21.0cm

 

 

 

その前まではもう少し可愛らしい感じのスパイク付きのブーツ。

 

[シュガー] Sugar キッズブーツ SG C039SP SG C039SP ピンク (ピンク/17)

 

 

もっと前はアンパンマンでした。

 

[それいけ! アンパンマン] それいけ! アンパンマン それいけ! アンパンマン APM C014ESP APM C014ESP ピンク (ピンク/16.0)

 

[それいけ! アンパンマン] それいけ! アンパンマン それいけ! アンパンマン APM C014ESP APM C014ESP ピンク (ピンク/16.0)

[それいけ! アンパンマン] それいけ! アンパンマン それいけ! アンパンマン APM C014ESP APM C014ESP ピンク (ピンク/16.0)

 

 

男の子だとこんなのも人気がありそう。

 

 

子供はずっとムーンスターの靴をはいているように思います。

 

裏側には折りたたみ式の金属スパイクがついていて、いかにも雪道に強そうなイメージなのですが、意外と雪がしっかりとスパイクの中に入ってしまい、あまり意味のない場合も多いです。

 

でも子供的には「スパイクがあれば安心」と思うようで、いつもこのタイプになっていますね。

 

 

 

さぴこ愛用ハッシュパピーのフミダスソールはおすすめ!

 

そしてさぴこがここ数年愛用しているのがハッシュパピー。

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-6864 S1 (スエードクロ/23.5)

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-6864 S1 (スエードクロ/23.5)

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-6864 S1 (スエードクロ/23.5)

 

 

このハッシュパピーの雪道対応ソール、名前を「フミダスソール」といいいます。

 

なんだか「コロバンショ」だの「フミダス」だの、ダジャレかと思うようなネーミングですけど、この「フミダスソール」もスタッドレスタイヤと同じコンセプトで作られています。

 

今のところ3足、「フミダスソール」の靴を持っていますが、信号待ちの車の熱とスタットレスタイヤで磨かれたあのツルツルの横断歩道でも、なんとか滑らず歩けているので、最近は「フミダスソール」なしの冬は考えられないほど。

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies ブーツ  L-6973 S6 (スムースクロ/23)

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies ブーツ  L-6973 S6 (スムースクロ/23)

[ハッシュパピー] Hush Puppies ブーツ L-6973 S6 (スムースクロ/23)

 

 

今年はスムースのも欲しいなあと探していたのですが、こちらはサイズが合わず断念。

 

今年のフミダスソールの新作にはこんなのもあるみたい。

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies ブーツ L-7451 S6 (スムースクロ/24)
 

 

少々メンズっぽいですけど、今年はこれを検討してみます。

 

この「フミダスソール」はハッシュパピーのすべての冬靴で使われているわけではないので、注意してくださいね。

 

ソールに「FUMIDASU」って書いているので、見るとわかると思います。

 

ローマ字で書いても結局ダジャレには変わりないんですけどね…。

 

 

 

滑りにくいではなく滑らない靴もあります

 

長い間、氷の上を歩いても滑らない靴は存在しないといわれていましたが、実は本当に滑らない靴があるとメディアで取り上げられた靴があります。

 

それはブルームボールシューズ

 

ブルームボールシューズ Broomball Shoes グリップイネーター (オレンジ, US6)

 

この靴は本来外を歩くために作られたものではありません。

 

カナダ初のウインタースポーツ、「ブルームボール」の為に作られたシューズなのです。

 

broomball-japan.jimdo.com

もともとはアイスホッケーをもっと気軽に楽しもうということで始まったのがきっかけだったようですが、今では世界中に競技者が増えているのだそう。

 

まだ北海道以外では競技している場所はないみたいなので、ご存知の方も少ないでしょうね。

 

北海道に住んでいるさぴこもよく知りませんでした。

 

このスポーツはスケート靴の代わりに氷の上でも滑らない専用のシューズを利用するのですが、それがこのブルームボールシューズなのです。

 

そんなに滑らないならこれがいいのでは?と思いますよね。

 

ただこのシューズ、氷以外の場所を歩くとすぐに使えなくなってしまうのです。

 

アスファルト等を歩くとすぐに削れてしまうほど、柔らかい素材のソールなのだそう。

 

というわけで日常的に使用するにはちょっと向きませんけれど、怪我等で足が不自由だったり、氷の道をどうしても安全にあるかなければならないような時には一つの選択肢になるかもしれませんよ。

 

まとめ

 

道産子はある程度氷の上も歩き慣れているので、それほど転ぶことも少ないです。

 

それでもツルツル路面ではどうしようもないこともあります。

 

すりあしで、ペンギンの様に歩けばあまり滑ることもありませんが、やはり滑らない靴があると安心です。

 

これから冬の北海道観光等にいらっしゃる機会のある方、携帯用滑り止めスパイク等もありますが、やはり滑りにくい靴の方が安心だと思いますよ!

 

とりあえず今週末は靴探しにいってきます。

 

追記

 

今年はこういう形になったみたいですね。

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-7334 BN (ブレイブネイビー/23.5)

 

フミダスソールがやはりおすすめです。

 

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-7334 BN (ブレイブネイビー/23.5)

[ハッシュパピー] Hush Puppies カジュアル L-7334 BN (ブレイブネイビー/23.5)