みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

【札幌】平和園のジンギスカン定食は超おすすめです

 

北海道民ソウルフードともいえるジンギスカン

 

ジンギスカンにもいろいろな種類があり、味付けされているものやされていないもの、子羊の肉であるラム、2歳上の羊の肉であるマトンなどなど、道民でも好みがいろいろとわかれるところです。

 

道外から観光でいらっしゃる方がジンギスカンを食べる時、ツアーなどの場合はほとんどがビール園になることが多いのではないでしょうか。

 

札幌市内だけでもサッポロ、アサヒ、キリンとビール園もいろいろと種類がありますが、この中ならやっぱりサッポロビール園がおすすめ!

 

でも今日はツアーではあまり行くことがないけれど安くて美味しい、平和園のジンギスカン定食をご紹介したいと思います。

 

 

 

焼肉平和園は帯広に本店があります

 

 

この焼肉平和園、元々帯広では有名な焼肉レストランです。

 

創業はなんと昭和34年。

 

帯広は美味しいものがたくさんあるところなのですが、出店から1店舗も撤退することなく、長く地元の方々に愛されているお店です。

 

さぴこも帯広に行った際に本店へ行ったことがありますが、とてもアットホームで居心地のいいお店でした。

 

この日家族で行ったのは札幌の白石店。

 

白石店が出来る前は月寒東にある蘭豆店という少し小さなお店へ通っていましたが、人数が多いときは白石店の方が席数が多いのでこちらをおすすめします。

 

白石店は2階が個室になっていて、お子様連れの方がとても多いのです。

 

 

ちょっとしたプレイルームもあるので、子供が小さかった頃はとても重宝しました。

 

ジンギスカン定食は昼は540円、夜は560円!!!

 

 

これは540円のランチメニューですが、夜は定食の内容は若干変わりますが値段はたった20円プラスの560円なのです。

 

 

ランチのみについてくるドリンクは、デミタスコーヒーかウーロン茶のどちらかを選ぶのですが、それにしてもこの内容でこの価格。

 

ほとんど値上げされていないのがおわかりになる価格ではないかと思います。

 

昔はライス大盛り無料だったのが+70円になりましたが、消費税分以外は値上げしていないというのがすごい!

 

といってもほとんどの方はジンギスカン定食にプラスしてお肉を追加するのですけれども、それにしてもこの価格はいつ見ても安いと思います。

 

ホルモンヌのさぴこはいつも豚ホルモン塩味を追加して、レモン汁でいただきます。

 

レモン汁、昔は生のレモンを櫛形にカットしたものだったのですが、こういうところも企業努力なのでしょうかね。

 

レモン汁はテーブルの上にはありませんが、お店の方にお願いするとすぐに冷蔵庫から出して持ってきてくれますよ!

 

 

お先にホルモンを頂きます。

 

豚ホルモンは牛ホルモンよりあっさりしているのでたくさん食べられます。

 

牛ホルモンも濃厚で美味しいんですけどね。

 

 

 

一丁付けの元祖手切りジンギスカンは平和園だけ

 

 

このジンギスカンが定食についてくる1人前です。

 

平和園のジンギスカンはラムではなくマトンなのですが、北海道民はラムよりマトンを好む傾向があるような気がしますね。

 

そしてここは同じ味付けジンギスカンでも、他のお店とは違うのです。

 

そのヒミツは「一丁付け」!

 

肉を漬け込むのではなく食べる前に味を付ける、という感じです。

 

平和園では肉の味付けをお客様からご注文を受けてからその数量分だけのタレを調合し、そして肉に味付けをしています。昔はこのような「一丁付け」と呼ばれる方法で味付けをしている店も沢山ありましたが、手間がかかると言うことで今ではほとんど見かけません。

 〜中略〜

平和園は日本で初めて焼肉スタイルのジンギスカンを提供しました。良質の羊を1頭毎仕入し、創業以来1枚1枚包丁で削ぎ切りしています。

 

平和園の秘密 : 焼肉レストラン平和園

 

よく袋入りで販売されている味付けジンギスカンとはまったくの別物!

 

この味は平和園ならではです。

 

そんなこだわりのジンギスカンは1人前350円!

 

ジンギスカン、特上ジンギスカンは上品なお味で、赤身が多く脂身が少なめなので独特の羊のにおいも控えめです。

 

でも多分道産子なら普通のジンギスカンの方が好みじゃないかな。

 

 

ジンギスカンもいいけれどサガリもおすすめ

 

カルビやロースもいいですが、サガリはとても美味しいですよ。

 

サガリというよりハラミといったほうがわかりやすいでしょうか。

 

北海道ではサガリは焼き肉の定番メニューです。

 

 

これは夜に食べた時の写真ですが、右下のお皿のお肉がサガリです。

 

カルビよりはあっさりしています。

 

ちなみにグランドメニューのジンギスカン定食はこんな感じ。

 

 

ジンギスカンのお肉は4人前を一皿にしてもらいました。

 

ランチメニューの時と比べるとナムルがお漬け物に、ドリンクがフルーツに変わっています。

 

これは8月末くらいに行った時のものなのでフルーツはメロンでしたが、オレンジだったりぶどうだったり、その時々でいつも違うのです。

 

車でないと行きにくい場所なのが唯一の難点なのですが、JR白石駅から徒歩12分ほどで着くそうです。

 

レンタカーで北海道を旅行される際にいかがでしよう。

 

平和園 白石店

住所 札幌市白石区平和通1丁目南1−17

公式サイト 平和園 白石店 : 各店舗のご案内 : 焼肉レストラン平和園

 

 

 

 

ああ、また焼き肉が食べたくなってしまいました

 

 

ブログを書きながら写真を見ていたら、またジンギスカンとホルモンが食べたくなってしまいました。

 

先日ランチを食べてきたばかりだというのに。

 

ジンギスカンといえば、

パール金属 ジンギスカン 鍋 28cm ガス火専用 フッ素加工 アルミ鋳物製 ヘルシージンギス館 H-3506

パール金属 ジンギスカン 鍋 28cm ガス火専用 フッ素加工 アルミ鋳物製 ヘルシージンギス館 H-3506

 

こんな鍋で、

 

成吉思汗たれ360ml

成吉思汗たれ360ml

 

こんなタレをつけて食べるイメージですが、平和園にも「つけだれ」はあるものの全く味が異なります。

 

上の2つに似合うお肉はなんといってもこれ、

 

特選ラム 成吉思汗(ジンギスカン) 業務用 1kgパック

特選ラム 成吉思汗(ジンギスカン) 業務用 1kgパック

 

ですかね。

 

味付きなら断然、

長沼 タンネトウロースジンギスカン(500g)

長沼 タンネトウロースジンギスカン(500g)

 

これをおすすめします。

 

このロースジンギスカン、長沼でも食べてきましたが本当に美味しいです。

 

あー、今日はカレーなのにどうしてこんなにジンギスカンが食べたくなるのだろう…。