みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

【札幌】白い恋人パークは無料エリアで子供は大喜び!

 

今日は子供のリクエストで白い恋人パークへ行きました。

 

パークについたのが午前10時半、パークを出たのが午後5時10分。

 

ほぼ半日白い恋人パークで過ごしたことになります。

 

前回行ったのが昨年の10月28日のハロウィンの時でしたからちょっとお久しぶりな感じでした。

 

sapic.hatenablog.com

 

8月31日まで夏休みイベント開催中

 

白い恋人パークでは8月31日まで「白い恋人パークの夏休み」ということで子供向けに様々なイベントが行われています。

 

今日参加した「白い恋人パーククエスト」は無料の場合一つのクエストに参加できるのですけど、工場見学を利用した場合は合計で3つのクエストにチャレンジできるということで今日は工場見学もすることにしました。

 

3つのクエストをクリアした子供はメモ帳とiガトーというお菓子、そしてキャンディラボの飴をもらって大喜び!

 

 

4階のチョコレートラウンジでチョコレートドリンクを飲んだのですが、昨年までと味が変わって5種類になっていました。

 

昔と同じチョコレートドリンクはなくなってしまったそうで、味が変わってしまったのがちょっと残念・・・。

 

 

でもチョコレートラウンジからの景色はきれいでした。

 

 

 

無料エリアで子供が遊びまくり

 

今日はほとんど外にいたさぴこ。

 

 

こんな感じのところに座るところがいっぱいあるので、景色を見ながら白い恋人シェイクを飲んだりしてまったりとすごしました。

 

風がとても気持ちの良い1日。

 

 

お花もいっぱい咲いています。

 

子供が気に入っているのは「白い恋人鉄道」というミニSL。

 

 

この鉄道、こどもは1人200円、大人は300円で約10分間、乗車できます。

 

こどもだけで結局2回も乗っていましたよ。

 

 

線路沿いにはこんな感じでマジックツリーハウスみたいな建物があったり、おかし作りをしている人たちの人形を見ながらの短い列車の旅を楽しめます。

 

 

列車が通る近くにはこんな建物も!

 

 

反対側では引っ張っている人もいますね。

 

別の国に来たみたい

 

 

こどもがパーク内の小さな家などで遊んでいる間、座ってのんびりしていたのですけど、写真をご覧いただくと伝わるかなと思うのですがまるで違う国にきているみたいでした。

 

 

景色だけじゃなくて、聞こえてくる言葉のほとんどが日本語以外だったからかもしれませんけどね。

 

 

結局外に3時間以上いましたよ。

 

 

子供は途中でキャンディを作っているところを見に行ったり、からくり仕掛けの劇場を見に行ったりとあちらこちらにいったりきたりでした。

 

 

札幌からくり時計塔の「チョコレートカーニバル」というアトラクション、何度も見ましたよ。

 

毎正時に繰り広げられる“チョコレートカーニバル”は時計塔を見る人たちに幸せを運ぶパレードです。ヒグマのトロン、丹頂鶴のロンジェ、オットセイのリーベ、ウサギのキトとウシのリリが挨拶をしながら登場。マイスターの合図で楽器を演奏しながら、シマフクロウのドーレくんも加わって賑やかに行進します。

札幌からくり時計塔 | アトラクション | 白い恋人パーク

 

結局夕方までずっと外でぼーっとしていましたが、こんな1日もなかなかいいかな、なんて思ってみたり。

 

 

夕方になっても観光の人はいっぱいの白い恋人パークなのでした。

 

おわりに

 

今日はとっても天気がよくて外にいるのが気持ちの良い1日でした。

 

気温も暑すぎず過ごしやすい1日でしたが、トンボがたくさん飛んでいたりともうすぐ秋なのだなぁと感じることも。

 

最近は9月でも暑い日が多くなってきた札幌。

 

今年の9月はどうなるのかしら。

 

それでは!!