読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

みかん好き必見!おすすめの「真穴みかん」はとろける甘さの美味しいみかん

おいしいもの おすすめ 好きなもの

真穴みかん(まあなみかん) レギュラー Sサイズ 5kg 【11月末発送予定】

 

北海道では大量に積雪のあった地域もあり、もう冬といってもいい気候になってきました。

 

最近はクリスマスケーキやおせち料理のカタログがいろんなところに並んでいます。

 

もうそんな季節なのね、と思いつつ、いつも悩むのがイベント時の食料品。

 

おせち料理は毎年手作りなのですが、いつもすてきなおせちのカタログに心がゆらゆらと揺れ動きます。

 

そしておせちと共にお正月に必須なアイテムといえばお餅とみかん!

 

このみかんですが、昨年、さぴこがこれまで食べた中で一番美味しいみかんに出会いましたので、ご紹介してみたいと思います。

 

 

 

真穴みかんとの出会い

 

昨年の年末、お正月のためのお買い物をする人でごった返すスーパーで、透明な袋に入っている、一つ一つに赤くて「真穴みかん」と書かれたシールが貼られているみかんを見つけました。

 

お値段はその場に並んでいるみかんの倍以上!

 

明日は大晦日という日でしたので安売りのみかんは売り場にはなく、なかなかのお値段のラインナップだったにも関わらず、です。

 

いつも年末には10キロ売りの箱入りみかんを1箱買うのですが、そのみかんは5キロ入りしか取扱していませんでした。

 

しかもそのみかんだけ試食もなかったため、気になってとりあえず袋に6個ほど入って販売されていたそのみかんと、他にも6個入りで販売されていたみかんを2つほど購入して帰ってきたのです。

 

え?これが同じみかん?

 

とりあえずみかんの箱買いは明日でもいいかと自宅に戻り、おやつ代わりに家族でみかんを食べました。

 

味見をして決めようということでみんなで食べてみたのですが、家族みんながびっくりしたのがこの「真穴みかん」でした。

 

 

この写真の断面を見ていただくとわかると思うのですが、皮がとてもとても薄い!そしてとてもやわらかいのです。

 

白い筋もとても少なくて、房を包む薄い皮もかなりの薄さ。

 

しかもこのとろけるような甘さはなに????

 

じゅわっと口に広がる果汁は甘いだけじゃなく適度な酸味もあって、なんだこれは!

 

このみかんを食べ終わったあと、その他のみかんとは全く別ものであることに驚くほどの濃い甘さに、本当に驚きました。

 

そして「これだ!」ということですぐに買いに行ったのでした。

 

5キロ1箱約5000円のみかん・・・

 

緑色に入った5キロ入りの箱入り真穴みかんのお値段を見てビックリ!

 

消費税を入れたら5000円で払ってもほんの少ししかおつりがこない金額でした。

 

他のみかんなら10キロ入りを買ってももう少しおつりが来ます。

 

2箱買うかどうかを悩んで、結局1箱だけ帰ってきました。

 

だって、みかんだけで1万円か〜って思ってしまったんですもの。

 

美味しいのは確かですけど、年末の物入りの中、みかんに1万円はちょっと思い切れませんでした。

 

でも、とりあえず食べてみて無くなりそうになったらまた買えばいいか、と思ったのが失敗のはじまりでした。

 

あっという間になくなっていくみかん

 

これまでのみかんが減っていくペースとは明らかに異なり、これじゃあお正月まで持たないんじゃないかと感じたのは大晦日の朝でした。

 

同居している母が「お金だすから同じ物買ってきて!」と言うほどの美味しさ。

 

うちの子供もみかん星人になりそうな勢いで食べています。

 

よし、ということでとりあえず同じスーパーに追加で買いに行きましたが、もう箱売りはしていなくて、透明な袋に小分けされた並んでいるものしかないとのこと。

 

とりあえず売り場に並んでいた袋入りの最後の真穴みかんをすべて買ってきたのでした。

 

お店のフルーツ担当の方に聞いたところ、本来は贈答品としてのみ販売されている物で、12月中しか入荷しないものなのだそう。

 

次は来年の年末ですねといわれて、来年こそは10キロ買うぞーっと心に誓ったのでした。

 

 

 

今年の真穴みかんの予約が開始されました

 

 というわけで心待ちにしていた真穴みかん。

 

やっと今年の予約が始まりました。

 

 

 これです、これ。

 

緑の箱に入ったみかん。

 

たまにシールのついていないものもありましたが、基本的にはほとんどのみかんに赤い「真穴みかん」のシールがついています。

 

去年はLサイズしか販売されていなかったので、今年はお得なSサイズの方にしようかなと思っています。

 

北海道と沖縄以外は送料がかかるのがちょっと残念・・・。

 

真穴みかんの本や缶詰もある!

 

真穴みかん

 

愛媛県八幡浜市の真穴地区は、薄皮・極甘のみかん作りに適した地域。世界で活躍する写真家が、日本の原風景が残るこの地の豊かな自然、みかん栽培、生きる人々を撮り下ろした写真集。

 

きっと素敵な環境で大切に作られているみかんなのでしょうね。

 

この写真集、見てみたいなぁ。

 

どんな環境で作られたらこんなに美味しいみかんができるのか、とてもとても気になります。

 

真穴みかん

真穴みかん

 

 

しかも真穴みかんの缶詰も!

 

KK にっぽんの果実 真穴みかん 190g

 

これも絶対美味しいんだろうなぁ。

 

どうせならやはり生の真穴みかんが食べたいのですが。

 

KK にっぽんの果実 真穴みかん 190g

KK にっぽんの果実 真穴みかん 190g

 

 

でも缶詰なら旬以外の時にも真穴みかんを食べることができますね。

 

昭和の時代は熱を出したら桃缶(モモの缶詰)という時代もありましたが、さぴこなら熱が出たらこの真穴みかんの缶詰が食べたいなぁ。

 

 

 

 お歳暮にもらったらきっと喜ばれること間違いなし!

 

この真穴みかん、自宅用としては贅沢な感じがしますが、贈答用で考えるとかなり嬉しいアイテムだと思います。

 

さぴこだったら嬉しすぎて踊ってしまうかもしれません。

 

さらに「真穴みかん」にはこんなみかんもあるようです。

 

 

 みかんが嫌い、という人ってあまりいないですよね。

 

もしみかんの酸味がちょっと、という方ならこの真穴みかんを食べたら「みかん観」が変わるかもしれません。

 

もしかしたら日本にはもっと美味しいみかんもあるのかしら。

 

とりあえず今のさぴこの中でのナンバーワンみかんは断然「真穴みかん」ですね。

 

もし機会があったらぜひぜひお試し頂きたいみかんです。

 

 

今日はハロウィーン!

 

10月も今日でおしまい。

 

今日はハロウィーンですが、子供向けのハロウィーンイベントは昨日で終了しましたので、このかぼちゃ達とも今日でお別れです。

 

 

壁や窓につけた飾り付けを外したら、次はクリスマスの飾りですかね。

 

最近本当にあっという間に1日が過ぎていきます。

 

それにしても今年の北海道は冬が来るのが早い!

 

道内ではすでに一日中マイナス気温という真冬日だった場所もあったそうです。

 

札幌でも気温が一桁の毎日が続いています。

 

まだ一応10月なのに!!!

 

春まで、長いなぁ。

 

観光で北海道にいらっしゃる方は防寒のための衣料の用意をしっかりされた方がよいですよ。