読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

【札幌】夏の終わりの羊ヶ丘展望台へ行ってきました

Sapporo Life こどもといっしょ 家族のはなし

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

 

夏休みも終わったと言うのにまだまだ気分は夏休み続行中のような我が家。

 

今日は札幌の観光スポットとして有名な羊ヶ丘展望台へ行ってきました。

 

羊ヶ丘展望台でウニまつり?

 

なぜ羊ヶ丘展望台へ行ったかといいますと、今日と明日「ウニまつり」が開催されるというこのページを見つけたからです。

 

天売島や焼尻島など羽幌町産のウニをご用意!!
豪快にウニ(100g)をのせた「ウニ丼」を2,500円(税込)で販売。

http://www.hitsujigaoka.jp/news/news/2016/2016unimatsuri.html

 

昔は積丹まで美味しいウニを食べに行っていたのですが、ダンナも子供も魚卵アレルギーになってしまい、ウニを食べるのは私一人に。

 

なので最近とれたての美味しいウニを食べる機会がなく、ずっとウニが食べたかった私は今日のウニまつりをとても楽しみにしていました。

 

ウニまつりだけどウニがない?

 

 

ウニ丼、殻付きウニの炭火焼き販売中止

 

 え?うそ…。

 

絶句。

 

実はこのウニまつり、本当は先週の週末を予定していました。

 

夏休みの最後のイベントとして、楽しみにしていた人も多かったと思いますが、台風の影響で延期となり、今日もまた天候の関係でウニ漁ができなかったのだそうです。

 

天候のせいなら仕方ありません。

 

せっかく入場料を払ってきたので、その分羊ヶ丘展望台を楽しむことにしました。

 

羊ヶ丘展望台では結婚式も行われます

 

 

今日は滞在中に2組の結婚式が行われていたチャペル。

 

sapporo-blancbirch.watabe-wedding.co.jp

とってもよい天気の中、フラワーシャワーの中で新郎新婦が外に出てくる姿はとっても素敵でした。

 

お天気の日に結婚式ができたら、ここは最高ですね。

 

出席されていた方々もみんな輝くような笑顔でした。

 

ロケーションフォトプランなんかもあり、ラベンダーの季節にはラベンダー畑の中で写真を撮ることもできるようです。

 

こちらがそのラベンダー畑。

 

 

もうラベンダーの季節が終わってしまっているので花は咲いていませんが、シーズンには紫のジュータンのようになるのでしょうね。

 

北海道外の方も多くいらっしゃるそうですよ。

 

 

 

オーストリア館と羊ヶ丘レストハウス

 

チャペルの隣はカフェとお土産屋さんが入っているオーストリア館とレストランがある羊ヶ丘レストハウスが並んでいます。

 

 

オーストリア館?なんでオーストリアなのかと思っていたら、札幌オリンピックの時に、オーストリアの選手の選手村だった建物を使用しているからなのだそう。

 

かなり古い建物なのですね。

 

1階はソフトクリームとカフェスペースになっています。

 

 

ここでは白い恋人のソフトクリームを食べることが出来ます。

 

あとご当地ドリンク的なものとして夕張メロンジュースやトマトジュース「ニシパの恋人」、白樺の樹液の「森の雫」、小林牧場のさわやか牛乳やのむヨーグルト、あとはシープミルクも販売されていました。

 

 

子供が選んだのは夕張メロンゼリー。

 

5回ふって飲むととろりとした食感で飲めるというもの。

 

 

少し味見させてもらいましたが美味しかったです。

 

 

カフェコーナーでは軽食として「いももち」や「揚げいも」、「コロッケ」に「じゃがバターと、ジャガイモづくし!

 

 

じゃがバターは280円で拳二つ分くらいの大きさでした。

 

大きくてビックリ。

 

ウニが食べられなかった分をジャガイモで…。

 

オーストリア館の2階はお土産物屋さん

 

2階にあがると北海道のお土産物がいっぱい!

 

 

札幌在住の私でも買いたくなるようなものがたくさんあります。

 

 

ジンギスカンのジンくん!

 

かわいい〜。

 

このジンくんの家、羊ヶ丘展望台のオーストリア館の中にあるのです。

 

ただ、いつきても外出中なんですけどね。

 

 

グッズもたくさん販売されていますが、可愛すぎてたくさん欲しくなっちゃいます〜。

 

 

上の二つの写真のように羊ヶ丘限定のお菓子も増えていました。

 

お値段も手頃ですので、もし観光でいらっしゃったらばらまきお菓子としていかがでしょう。

 

 

スープカレーコーナーも!

 

スーパーではあまり売っていないものがたくさんあります。

 

 

熊グッズも多数あり!これは貯金箱。

 

 

札幌羊ヶ丘に浮かぶ羊雲をイメージして作られたという「ふわふわラムキン」は札幌スタイル認証製品です。

 

sapporostyle.jp

 

 

まりもっこりガラナ、168円だったかな?

 

キャップ付きでお土産にもなりそうですが、すごい色なのでどんな味なのか想像がつきません。

 

 

雪ミクグッズも売っています。

 

 

ああ、こんなところに今日食べられなかったうに丼のマグネットも・・・。

 

羊ものんびりしています

 

羊ヶ丘という名前の通り、ここには羊がいます。

 

普段はこちらの羊さんのお家にいますが、晴れている日中は放牧中。

 

 

さて、どこかな〜、と探していたら、クラーク像のすぐ近くにいました。

 

 

少し離れたところでのんびりしている羊も。

 

 

気持ち良さそうです。

 

さっぽろ雪まつり資料館

 

レストハウスの斜め向かい側にはさっぽろ雪まつり資料館があります。

 

 

雪まつり雪像を作る際の模型や関係グッズを見ることができる場所です。

 

 

これまでの雪まつりのポスターや写真が数多く展示されています。

 

 

左上に写っている昔の雪まつりのポスターがかわいい。

 

 

雪まつりが始まったのは1950年。

 

はじめは中学生が作った雪像から始まったものなのだそう。

 

今や札幌の冬にはなくてはならないお祭りになっています。

 

 

雪まつりの第1回〜8回まで使われたポスターがこちら。

 

ここからはじまったのですね。

 

足湯もあります

 

 

道内の温泉地からお湯が運ばれている足湯。

 

タオルも自動販売機で販売中!

 

今日はあまり時間がなかったので見るだけにしましたが、足湯の建物の中には人がいっぱいでした。

 

 

裏側から見ると木陰になっていますね。

 

羊ヶ丘展望台からは札幌が一望できます

 

 

羊ヶ丘展望台の立て看板の裏に見えるのは札幌ドームです。

 

展望台から近いのでかなり大きく見えます。

 

ここからの眺め、大好き!

 

そして最後はスシローの濃厚うに包み100円で

 

 

羊ヶ丘展望台から近くにあるスシローでウニを食べて帰りました。

 

100円ならお得ですよね。

 

ああ、いつかおいしいウニ丼を食べたい。