みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

育児休暇中に役立ったもの その2

comer e brincar


こちらの記事の続きです。

 

sapic.hatenablog.com

 

4.ニューヨークベビーのプレイヤード

 

 当時犬が2匹いた我が家、子供が少し動けるようになってくると母親がちょっとだけトイレにいきたいとか、お風呂掃除したいとか、そういう時に心配になってきますよね。

 

 

 

最初はバウンサーに座らせていたのですが、バウンサーの動きが激しくなってきて心配だったので、移動式ベビーサークルという感覚でプレイヤー度を購入しました。

 

最初はベッドタイプにして使っていたので、上にぶら下がっているおもちゃで遊んだりしていましたが、自分で動けるようになってからはベビーサークルとして布のおもちゃやぬいぐるみなどと一緒にして遊ばせていました。

 

持ち運びも簡単で見た目より軽いわりには安定性もあり、ネットなので転がってぶつかってもケガをすることもなく、周りで犬が吠えてもそれをプレイヤードの中から見ているという感じで、ほとんど家の中では2人きりの生活では短期間ではありましたが必需品でした。

 

5.ストッケのトリップトラップ

 バウンサーでの離乳食が困難になってきた時、悩みに悩んで購入したのがこのトリップトラップでした。

 

 

 本体と当時は違う形でしたがベビーセットとクッションを購入。高かったので本当に悩みましたよ〜。でもあれから7年経った今、買って本当によかったなって思ってます。

 

ベビーセットとクッションはすぐに使わなくなりましたが、離乳食はストッケとこのセットがなかったらなかなか進まなかったかもしれません。ホールドされるのであっちこっちに動き回らず、食卓で家族と一緒に食事ができるようになりました。当時販売されていたクッションは撥水加工されていなかったのですぐにお洗濯でしたが、今のは撥水加工されているものもあるんですね。便利だろうなぁ。

 

そして今でもトリップトラップは大活躍中!リビング学習でもきちんと足置きがあるので、足をぶらぶらさせることなく宿題もできます。

 

購入を考えた時はこの価格なら他の似たような椅子の方がいいんじゃないかといろいろと悩みましたが、今赤いトリップトラップを気に入って使っている子供を見ると、購入して本当によかったなと思っています。

 

子供本人は大人になるまで使う、といっていますが果たして何歳まで活躍してくれるでしょうか。子供が物を大切にしてくれるというのもうれしいですよね。

 

便利グッズで育児を楽に!

 

ダンナ様が激務で手伝いたくても育児を手伝えない、そんなときはぜひ便利グッズを奥様にプレゼントしてあげると、その後の家庭円満につながると思いますよ。我が家はすべて自分で購入しましたが、とりあえず購入許可はくれましたので。

 

あかちゃんとお母さんの二人きり育児、短い期間ではあるのですが、意思の疎通ができるようになってくるまでは本当に大変です。ネコの手も借りたいそんなときもたくさんあります。

 

ちなみに我が家は犬がいたのですが、ピンポーンの音とともに吠えるため子供が大泣きし、大変な目にあったため、犬の手は借りることができませんでした。

 

今回役立ったものの他にもいろいろ育児グッズを購入したのですが、子供が大きくなってから思い出しても便利だったな、と思えるもの5つごご紹介しました。