読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

雨の日のお供といえばなんといっても除湿機

今週のお題「雨の日グッズ」

 

雨の日グッズの王道といえば基本は傘とかレインブーツとかそんな感じですよね。

 

我が家の雨の日グッズといえばこれ、除湿機です。

 

 

上の商品は新しいもので我が家にあるのはもう少し前の形ですが、スペックはほとんど変わっていないみたい。

 

雨の日の救世主、それは除湿機

 

子供が産まれてからというもの、毎日洗濯の日々が続いています。子供が産まれた時にドラム式の乾燥機付洗濯機にしたのですが、3年目で一度故障し5年目でまた故障したので今度は縦型の洗濯機に買い替えたのでした。

 

洗濯物はやっぱり外に干したい、でも雨が降ったら干せない→家の中は常にジメジメしてしまう、ということでこの除湿機が大活躍してくれています。

 

除湿機の上に洗濯物を干すとあっという間に乾いてくれる!!しかも部屋の中の湿度も下がり、サラッとするんですよね。

 

私が住む北の大地は梅雨がないといわれていましたが、蝦夷梅雨とよばれるものがありまして、やはりこの時期は雨の日が多いのです。なので、雨の日のお供というか相棒はこの除湿機なのでした。

 

一日ペットボトル6本分を除湿可能とありますが、本当に気がついたらどこからこんなに水が?というくらいタンクに水が溜まっているのです。この水、再利用できないかなって思うくらいですよ。なんだか透明な水を大量に捨てている自分にちょっとした罪悪感を感じてしまうことも。さすがにまだ再利用はしていないんですが、お庭の水やりとかにつかってもいいのかな。でも栄養分はたぶんゼロの水だしなぁ。

 

名前はぞうさんですが…

 

除湿機を購入する前はよくスーパーで3個パックで販売されている除湿剤を購入していたのですが、除湿剤と除湿機ではアリとゾウくらいの差があります。あ、もちろんゾウは除湿機の方ですよ。

 

 

水とりぞうさんも確かに水は溜まりますけど、さすがに1日でペットボトル6本は無理です。玄関の下駄箱やクローゼットの中には最適ですが、雨の日の洗濯物の前には無力な存在なのです。

 

というわけで、ちょっと変わった雨の日グッズのご紹介でした。