読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

アラフォーからアラフィフ。ついに四捨五入で次のステージへ

45

 

さて、札幌は今日が小学校の終業式。すでに子供3人が遊びにきましたよ。

 

しばらくはブログ更新の時間がばらばらになりそうです。

 

40代も残り半分のR45

 

そういえば先日、気がついたら45歳になっていました。

 

この10年、アラフォーの自分とつきあってきたのですが、ついに次のステージへ進んでいたのです。

 

40代に入ったばかりの頃は体力の衰えをひしひしと感じていました。

 

子供がまだ2歳だったこともあって、疲労困憊の日々。

 

30代の頃とは明らかに体力の違いを感じましたが、最近はそれに加えてさらに衰えを感じることも多々あります。

 

なんとなく想像はしていたものの、老化の加速度にはあらがえないといった感じ。

 

でも40代だと気がラクです。

 

おばさんだという自覚がしっかりとできているので、おばさんという免罪符に甘えることができますから。

 

次は50代という山に向かって前を向いてただ歩いていくのみ。

 

アラサーの頃はアラフォーの自分なんて予想もできなかった

 

30代前半、仕事に燃えてました。

 

夫婦共働きで子供もいない、体力もそれほど衰える事なく、それなりの経験を積む事もできました。

 

30代半ばになるとガクッと体力が落ち、そのまま妊娠出産。

 

気がついたらアラフォーになっていて、あっという間にアラフィフです。

 

35歳からの10年は本当に坂を転がり落ちるような早さで過ぎていきました。

 

でも30代前半のころって、振り返ってみればいろんなことにチャレンジするのに一番適した時期だったような気がします。

 

もちろん何歳になってもチャレンジはできますけど、機動力というか体力的にもチャレンジしやすいのが30代前半だったかな。

 

その頃は日々の事をこなす事に精一杯でそんなことを考えもしなかったのですが、40代でのチャレンジとはまた違う形で進められただろうなあと思います。

 

多分50代に入ったらまた40代でのチャレンジがよかった、とかいってそうですけれど。

 

妊娠、出産、育児、女性にとってのターニングポイント

 

40代になると妊娠出産が難しくなってきますね。

 

最近は40代で出産される方も増えているみたいですが、高齢出産をした私から見ても40代で新生児の育児はかなり大変な事だと思います。

 

私が出産したのは37歳でしたけど、やっぱり体力面ではかなり厳しかった。

 

もう少し若い頃の出産だったら、5歳差くらいでもう1人いたらきっと楽しかったかなって想像したりします。

 

私のアラフォー時代は95%が妊娠、出産、育児の日々でした。

 

生活習慣も大きく変化しましたし、考え方も、そして体力面でも変化の激しい、まさにターニングポイント。

 

R45に到達して、少しだけ変化の波が穏やかになりそうな予感がしています。

 

何歳になっても後悔しない生き方を目指したい

 

今、少しでも後悔しない生き方をして行きたいという気持ちはだんだん強くなっています。

 

後悔するよりもこれからのことを考えたい。

 

前を向いて年齢と向き合えるようになったのも40歳を過ぎてからでした。

 

きっとこれから先もいろいろな変化はあると思います。

 

今の私には想像もつかないようないいことも悪いこともあるかもしれません。

 

でもきっとなんとかなるし、なんとかするでしょう。

 

不安がないといったら嘘になりますけど。

 

みんながたのしくすごせるようにするにはどうしたらいいか、その目標さえ見失うことなく生きていけたらきっと大丈夫。

 

とりあえず今の私の課題、子供の夏休みを後悔しないように乗り切る方法を考えることにします。

 

ホットエントリー、なぜかおもしろ?

 

昨日の記事がはてなブックマークのホットエントリーしていました。

 

カテゴリーはなぜかおもしろです(汗)

 

ブクマして下さったみなさん、本当にありがとうございます。

 

多分ていねプールから見えるきれいな青空と景色のおかげかなと思いつつ、カテゴリーの謎は解けないままでした。

 

おもしろい記事、書けるようになりたいわぁ。