みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

Canバッチgood!は子供も大人も楽しめるおもちゃ!缶バッチもキーホルダーもできちゃう!

 

子供の誕生日プレゼントの「Canバッチgood!」。

 

昨日早速子供とバッチ作りをしました。

 

このおもちゃ、大人も十分楽しめるセットでしたので、ご紹介してみようと思います。

 

あれ?カンバッチグーって前にもあったような・・・

 

Canバッチgood!(カンバッチグー)って、最初に発売されたのはなんと2002年!

 

14年前ということは発売当時小学生だった子供は、もうすっかり大人になっちゃうくらい前ということです。

 

そのCanバッチgood!、パーツセットに書かれている対応機種をみると、これまでに6種類の本体が発売されたようですね。

 

今回の新しい物は従来のものよりかなり小さくなったとのこと。

 

 

この写真では大きさはあまり変わらないようにみえますけどね。

 

それにしても、こんなにいろんな種類のCanバッチgood!が発売されてきたのですね。

 

今回プレゼントしたのはCanバッチgood!なのですが、Canバッチgood!キラキラいっぱいDXセットというパーツがいっぱい入っているタイプも発売されているので、これから購入される場合はこちらの方がお得だと思います。

 

Canバッチgood!

Canバッチgood!

 

 

ちなみに今日現在、Canバッチgood!はAmazonでは2600円台で、同梱パーツはバッチ10個分です。

 

Canバッチgood! キラキラいっぱいDXセット

Canバッチgood! キラキラいっぱいDXセット

 

 

Canバッチgood!キラキラいっぱいDXセットはパーツが50個分、しかもホロキラシートというキラキラしたシートも入って4400円台です。

 

このホロキラシート入りの別売りパーツはノーマルの物よりちょっとお高いんですよね。

 

DXセットが出ていることを知らずに購入してしまい、後日Amazonで見かけて失敗したなぁと思ってしまいました。

 

 

 

Canバッチgood!のパッケージ

 

 

パッケージ裏の写真です。

 

対象年齢は6歳以上と記載されています。

 

6歳未満のお子様でも缶バッチをご両親が作ってあげることで楽しむことが出来そう!

 

 

作り方の説明が側面に書かれています。

 

本当にこの3ステップで出来ちゃう感じなのでとても簡単。

 

 

スマホで写真を取ったり、オリジナルのイラストで簡単にバッチが出来ちゃうのがすごいです。

 

Canバッチgood!専用デザインサイト

 

スマホから上記にアクセスするだけで簡単にデザインができちゃうのです。

 

これは・・・、大人がハマりそう。

 

 スマホで写真を撮影して、このサイトで写真やフレームなどを選ぶだけ!

 

しかもいちどに8つのデザインを1枚の紙に印刷できます。

 

 ただきれいに丸く切り抜くのが難しいのでこういうのが欲しくなるかもしれませんね。

 

エヌティー 円切りカッター クリア iC-1500P

エヌティー 円切りカッター クリア iC-1500P

 

 

とりあえず缶バッチを作ってみた

 

 

子供に許可をもらって作っているところを撮影しました。

 

今回は付属のデザインシートを使って缶バッチを作成します。

 

 

上の写真が台座パーツに下パーツをセットしたところです。

 

この下パーツの下は磁石になっていて、かなりがっちりひっついてしまうのですが、まっすぐになっているかを念入りに確認した方が良さそうです。

 

ここが斜めだと失敗しやすいですよ。

 

 

そしてこの下パーツがハマっている場所に、他の素材パーツを決められた順番にセットしていきます。

 

 

乾燥している今のシーズンは上に載せたフィルム等が本体にくっついてしまうこともあるそうなので、慎重に!

 

 

台座パーツを本体にセットし、ロックレバーを下げ、正面についている切り替えレバーを途中で切り替えながら2回、ハンドルを下に下がるまで回しては戻すを繰り返します。

 

この時、ハンドルを回しきったときに「カチカチッ」っと音がして空回り状態になるので、念のため2回以上は回してから戻したほうがよさそうです。

 

子供がこわれたらこまるといって「カチカチッ」という音がしてすぐに戻した際に、これが原因かわかりませんが失敗してしまいました。

 

 

ロックレバーを上げて台座パーツを引き出したところです。

 

ちゃんと出来たみたい!

 

 

後ろはこんな感じになっています。

 

絵柄の上下を気をつけながら安全ピンパーツをつけたら完成!

 

 

裏側はこんなかんじになります。

 

 

無事完成!

 

最初は3個くらい失敗してしまったのですが、下パーツがきちんと水平についているかどうかを確認するのと、ハンドルを回すときに少し多めに回すようにしたら失敗しなくなりました。

 

 

 

Canバッチgood!でキーホルダーも作れる?

 

 

なんでもこのキーホルダーパーツが来月発売されるとのこと1

 

公式サイトでは12月24日発売となっていましたが、Amazonでは12月31日発売予定となっていました。

 

さて、どちらが正しいのでしょう。

 

Canバッチgood! 3cmバッチ キーホルダー素材セット

Canバッチgood! 3cmバッチ キーホルダー素材セット

 

 

バッチがつけられない素材のカバンなんかでもキーホルダーならつけられるので、ネームホルダーとしても使えそう!

 

このパーツは15個分の素材なのですが、今のところAmazonでは1800円台で予約を受け付けているみたいですね。

 

多分買っちゃうと思います。

 

まとめ

 

本当に簡単にオリジナル缶バッチがつくれちゃいます。

 

小さな子でもポイントさえ間違わなければ大丈夫。

 

最初は3回連続で失敗してしまったので、もしかしたら不良品なんじゃないかと思ったのですが、ポイントを守って作ったら大成功!

 

その後はまったく失敗なしです。

 

イラストが描ける方ならオリジナルグッズが簡単に出来ちゃいますね〜。

 

今度は子供のイラストの缶バッチを作ってみようと思います。

 

以前のCanバッチgood!は使ったことがないので、便利になっているのかどうかはわからないのですが、とても簡単に作れるので親もハマってしまいそうです。

 

ありがとうございました!

 

昨日は子供の誕生日にたくさんのはてブコメントをいただきありがとうございます。

 

朝学校に行く前の子供に、いろんなところに住んでいるいるお母さんの大切なお友達から、8歳のお誕生日おめでとうというメッセージがきていたよといったら、ありがとうと伝えてほしいとのことでしたので、子供に変わってお礼申し上げます!

 

どうもありがとうございました!

 

うちの子供はクラスの中で唯一兄妹もいとこもいないという、あまり身内の縁に恵まれていないんですよね。

 

なのでおめでとうと言ってくれる人が他にもたくさんいたというのがうれしかったみたいなのです。

 

今は一人っ子も多くなって、同じような状況の子も増えるのかもしれませんけど、やっぱり親戚が少ないのは寂しくなるときがありますね。

 

最近はたくさんいたはずの私のおじ・おばもかなり鬼籍に入ってしまい、核家族の寂しさを身にしみて感じることが多くなりました。

 

もう1人子供がいたらな、と思うこともあります。

 

まあ、子供が小さかった頃はとてもじゃありませんが考えられませんでしたから、大きくなった今からこそそう思うのかもしれませんけれど。

 

話がすっかり脱線してしまいましたね。

 

そういえばダンナの誕生日ももうすぐなのですが、子供の誕生日と違ってなんにも考えていません。

 

とりあえずBluetoothのイヤホンでもと思っていたのですが、まだ調べてすらいなかったりします。

 

Amazonさんならきっとすぐに届けてくれるから、多分大丈夫!

 

クリスマスシーズンだけど・・・。

 

というわけで皆さん、プレゼントは早めに用意しましょうね〜。