みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

外出中に突然iPhoneの中央にグルグルマークが!強制再起動がiPhone7以降変更されていた話

iPhone7やさしい使い方ブック ドコモ完全対応版

 

先日、子供と一緒に外出していた時、お店の同じフロアでそれぞれ見たいものを見て、終わったら持たせている携帯電話で連絡するように伝えていました。

 

一度子供に電話をしてみるともう少し見たいということだったので、話をした後に私の使っているiPhone7 Plusの赤い受話器マークを押した瞬間いきなり画面が黒くなり、画面の中央に白いグルグルマークがずっと回っている状態になってしまいました。

 

これは困った・・・。

 

ーーーーーーーーー

10月28日追記

iPhone8/Plusでは強制再起動の方法がさらに変更されていましたので、この記事内の赤字の部分について訂正しました。

ーーーーーーーーー

 

グルグルマークはずっと消えない

 

 

これです、これ。

 

この白いグルグル。

 

とりあえず子供はこのフロアにいるのはわかっているので、電話が使えない状態になったことを伝えるために探すことにしました。

 

子供を見つけて話終わった後もまだグルグルマークは消えません。

 

・・・。

 

とりあえず再起動できるかどうか、スリープボタンを長押ししてみます。

 

・・・。

 

反応なしで、まだグルグルグルグル回っています。

 

ああ・・・、これは強制再起動しかないかも、ということで試してみました。

 

強制再起動ができない

 

これまでiPhoneを使っている間に何度か試していて、1度はデータも無くなってしまって復元させたこともあるというあまりいいイメージのない強制再起動ではありますが、今は別の場所にいるダンナと後で場所を決めていない待ち合わせをしているということもあり、とりあえず試さないとどうしようもありません。

 

強制再起動は「ホームボタン」と「スリープボタン」の長押しだったよなぁ、ということで試してみましたがグルグルマークは変わらず。

 

え〜っ。

 

強制再起動ができないとバッテリーが完全放電するまではこのまま?

 

しかも外出先で?

 

あとから合流予定のダンナに待ち合わせをする場所も伝えられないじゃないですか。

 

と、しばし愕然としてしまいましたが、幸いにも子供にもたせている携帯があったので、ダンナには子供の携帯から連絡することができました。

 

ふう、危ない危ない。

 

 

 

いろいろ試してみた

 

こんなとき家だったらすぐにパソコンで検索とかできたのに、と思いつつ、手元にあるのは中央にグルグルマークが回りぱなしのiPhoneのみ。

 

通話もできなければネットで調べることもできません。

 

外出先でiPhoneが使えない、というだけでものすごい恐怖感のようなものに襲われるのがわかります。

 

ああ、これって依存症なのかしら?

 

でも外出先でスマホがないと本当に困るなあと再確認してしまいました。

 

とりあえず待ち合わせの場所を決めたのでそこで子供と2人待つことにしたのですが、その間いろいろ試してみることに。

 

もう一度「スリープボタン」の長押しで再起動できないか確認しましたがやはりだめ。

 

まず強制再起動が「ホームボタン」と「スリープボタン」の長押しだというのは間違いがないはずと、こちらも再度チャレンジしましたが変わらず。

 

とりあえず物理的に変えることができるのは「ホームボタン」と「スリープボタン」と「ボリュームボタンの上」と「ボリュームボタンの下」、そして「サイレントスイッチ 」の5つだけです。

 

「サイレントスイッチ」は切り替えるだけなので、ボタンは4つ。

 

「ホームボタン」と「スリープボタン」の組み合わせ以外でなんとかならないかといろいろ試しているうちに、なんと強制再起動がはじまったのでした。

 

iPhone7以降は強制再起動の方法が変更された

 

その時は3つ同時に押す組み合わせを試していたのですが、「ホームボタン」と「スリープボタン」、「ボリュームボタンの下」を押した時に強制再起動が始まったように感じました。

 

そして心配していた強制再起動後の動作ですが、なにごともなかったかのようにパスコードを入力する画面になり一安心!

 

そして改めてiPhoneで強制再起動を確認すると、なんとiPhone7以降で強制再起動の方法が変更されていました。

 

なんとiPhone7/plusの場合の強制再起動は「スリープボタン」と「ボリュームボタンの下(小)」の長押しなのです。

 

し、知らなかった・・・。

 

というかiPhone7をお使いの方、ご存知でしたか?

 

さぴこが無知だっただけなのでしょうか。

 

とりあえずその時はなんとかグルグルマークのiPhoneを再起動できたのでよかったのですが、外出時にはスマホとガラケーの2台持ちが最強かもしれないと思った瞬間でしたね。

 

iPhoneがない生活が想像できない

 

電話やLINE、ナビや予定表、カメラや電子書籍の全てをiPhoneで済ませているさぴこ。

 

昔なら手帳を持ち歩いていましたから連絡先も確認することができましたけど、最近は全部スマホ任せだったなぁと痛感しました。

 

ダンナの携帯番号なんて覚えてもいませんよ・・・。

 

だって番号を入力して電話する機会なんてほとんどないのですもの。

 

iPhoneがあれば何も考えなくてもいいことばかりです。

 

でもこれって、逆にスマホなしで生活するのって無理ってことかもしれません。

 

なんでも1つで済むのはとても便利ですけど、その1つが使えなくなるとなんにもできなくなってしまいます。

 

ちょっと怖いなって思ってしまいました。

 

おわりに

 

iPhoneをお使いの方で操作が不能になってしまい、通常の再起動もできなくなってしまった場合の再起動のおさらいです。

 

  • iPhone6Sまでは「ホームボタン」と「スリープボタン」の長押し
  • iPhone7/Plusは「スリープボタン」と「ボリュームボタンの下(小)」の長押し
  • iPhone8/Plusは「音量を上げるボタン」を押してすぐに放し「音量を下げるボタン」を押してすぐに放しリカバリモード画面が表示されるまで「サイドボタン(スリープボタン)」を長押し

 

iPhone、iPad、iPod touch の電源が入らない場合やフリーズする場合 - Apple サポート

 

もしかしたら役に立つ日がやってくるかもしれませんよ。

 

できれば使わなくて済むのが一番なのですけどね。

 

外出先でのスマホトラブルは勘弁して欲しいと思ったさぴこなのでした。

 

それでは!!